2022/5/29(日) シカ•ウサギ隊集会   辻堂海岸清掃

この日はうさぎとしかは辻堂海岸の海岸清掃と避難訓練でした。


暑い中、うさぎスカウトもしかスカウトも真面目にごみ拾いをしてくれました。

不燃ごみだと、タバコ、プラスチックのかけら、ペットボトルのキャップ、歯ブラシなどありました。

砂を掘ると、小さなプラスチックを見つけ、『色々な色があるね。これがもっと小さくなってマイクロプラスチックで魚がたべちゃうんだ!』と話したり『ごみは持ち帰らないと魚に迷惑だよね』と話したりしながらも、ごみに点数をつけて『いっぱい得点とれた!』と楽しみながらゴミ拾いをしていました。

きれいなシーグラスは持ち帰るスカウトもいました。



避難訓練では、海岸から辻堂公民館と隣の消防署の屋上に移動して、高台への避難を経験しました。

屋上はそれぞれ300人ずつ避難できます。ライフセーバーから津波が起きたときのフラッグや放送の説明がありました。

質問時間ではシカスカウトが『砂浜から離れた海にいて呼びかけが聞こえないときはどうするのですか?』との質問がありました。

ライフセーバーのお兄さんが『フラッグが見えるくらいのところを泳いで欲しい、でも海岸から離れた場所で泳ぐときは保護者と一緒にいることが大事』と答えてくれました。


海岸は人が多いと夏の海で子どもが迷子になるのもわかります。

海岸に向けて放送もサイレンもあるとのことでそこは安心しました。

本当に暑い中、歩いて拾って、昇って降りて、と頑張ってくれました。

昨日はいろいろ勉強になったと思います。


閲覧数:34回0件のコメント