top of page
  • 執筆者の写真IT担当

2022年11月5日~6日 隊集会(秋季舎営)

この日は待ちに待った舎営です。

夏の舎営がコロナ感染拡大の影響で中止になりました。

コロナ感染が落ち着いているこの時期に県内の南足柄まで一泊二日の舎営を行いました。

舎営はコロナの影響で3年振りです。

全員が初めての舎営です。

どんな活動が待っているのか楽しみです。


集合は9時にJR辻堂駅。

みんな重い荷物を持ちながら時間前に集まりました。

いざ出発。

お父さん、お母さん、行ってきます!

途中、小田原駅で大雄山線に乗換です。

少し休憩で、はいチーズ!

組ごとに分かれて写真をとりました。


大雄山駅では金太郎の像に集まって足柄に来た事を実感しました。

これから最乗寺に向けて出発!

最乗寺は天狗が守っている事で有名なお寺です。

『てんぐのこみち』をみんなで並びながら歩きました。




歩く事1時間半、ようやく最乗寺の本堂に着きました。


みんなお腹がぺこぺこ。

予定より早めのお昼になりました。



カブ弁を食べた後は300段近い階段に挑戦。

腹ごしらえしたおかげで元気に奥之院まで到着!

これからは下り。


宿舎のある、『あしがらふれあいの村』までなんとか到着しました。

まず、入村セレモニーで付き添いの指導者とボーイ隊から派遣されたデンコーチの紹介、そして施設の注意事項を聞きました。



その後、みんなで写真撮影。

最初のプログラムは野外料理です。

施設の人から注意事項を聞いていざ炊事場へ。

飯盒、料理、火起こしに担当分けをしました。

飯盒担当は飯盒にクレンザーを付けてスス対策です。

料理担当は野菜の皮剥き、カットです。

皮剥きは自分の指を切らないように注意します。


火起こし担当は初めての火起こしでかなり苦戦。

なんとか釜戸に火をつけられました。



鍋を火にかけて料理の出来上がりです。

今晩の夕飯はカレーでした。

ふた組とも上手に出来ました。



みんなで頂きますの歌を歌って食べました。

凄く美味しくて何杯もおかわりしたスカウトが続出。

食べ終わった後はみんなで片付けをしました。

次のプログラムは営火(キャンプファイヤー)です。

プログラムの間にスタンツの練習です。


組ごとに組み木の周りに集まって組長が火を点火!

大きな炎があがりました。

営火が始まったら歌やゲームで大盛り上がり。

スタンツのテーマはあしがら物語。

一組のスタンツは『金太郎の指人形』

二組のスタンツは『破壊神金太郎』

どちらのスタンツも大成功!


アブラハムの歌ではみんなで頭を振りながら騒ぎました。

最後は肩を組んでT.I.R.O.を大合唱。

とても思い出深い営火になりました。

二日目は6時起床で6時半セレモニー。

眠い目を擦りながら整列。

舎営もこの日で終わり。


最後のプログラムはフォトフレーム作り。

割り箸と手縫い糸を使ってフレームを作りました。

箸と箸は角縛りでクロスするように留めます。

指導者やボーイのデンコーチに教わりながらなんとか完成。




その後に秋を感じさせる落ち葉やドングリなどを見つけてきて、クリアファイルに挟み込みます。

最後は思い思いの絵柄や文字を書いて完成!

みんな上手に出来ました。

お昼ご飯におにぎりを食べた後は閉会セレモニーです。

優秀組と優秀スカウトが発表されました。

選ばれたスカウト達はビックリ!

みんなで称え合いました。


ふれあいの村から大雄山駅まで1時間歩いてあしがらともさよなら。


帰りの電車では疲れてグッタリしてました。

辻堂駅ではお父さん、お母さんが笑顔でお出迎え。

充実した二日間になりました。

今回の舎営は11月という、これまで旧4団、21団では行った事ない季節でした。

しかし、天候に恵まれ、施設も空いていて舎営をやるには良い環境でした。

たった二日間でしたが、スカウト達は規律や助け合いの面で目覚ましい成長を遂げてくれたと思います。

また、保護者の方々には準備期間を充分に取る事が出来ずご迷惑を掛けましたが、怪我人も出ずに終わりました。

次回は春舎営を企画していますが、今回のようなスカウトが楽しめて成長できるものにしていけばと思います。

閲覧数:115回0件のコメント

Comments


bottom of page